交通事故治療 整骨院

交通事故治療のできる整骨院を探せ!

交通事故は、身体に強い衝撃を受けていることが多く、
直後に痛みや不調なところがなくても、次第に痛くなってくることが多いです。
レントゲン検査などで異常がないからと、通常のケガと同じように考えると危険です。
そのままにしておくと怖い後遺症になってしまうケースがあります。

 

交通事故のケガで思いつくのは、むち打ち症です。
むち打ちの症状は、人によって様々です。
時間が経つと頚椎のズレ、腰椎・胸椎のズレが起きて、
首の痛み、運動痛及び運動制限、後頭部・背部・肩・上腕部に痛みが放散します。

 

 

交通事故のケガは、早期治療が大切です。
少しでも違和感を感じたら、信頼と実績のある近くの整骨院で診てもらってください。

 

 

むち打ちの症状

 

 

頸椎捻挫型

一般的にむち打ちと言われているもので、80%はこのタイプです。
首の筋肉、靭帯などに損傷を受けることで首の痛み以外に、肩、背中にも痛みを感じることがあります。

 

神経根症状型

腕に伸びている神経が、上下の頸椎に挟まれるために起こるもので、症状としては腕や手の痛みやしびれ、血行障害、頭痛、肩こり、吐き気などがあります。

 

バレ・リュー症状型

脳に栄養を送る椎骨動脈の血流低下に伴う症状。
自律神経のバランスが崩れ、一見、むち打ちが原因でおこる症状とは思いにくいような様々な症状を起こします。

 

脳脊髄液減少症

髄液圧が急上昇した際にクモ膜が裂け、脳脊髄液が減少して起こる症状。
天候と気圧変化によって症状が変化します。
安静にしていると自然治癒することが多いのも特徴です。

 

 

万が一、交通事故に遭ってしまったら

 

 

相手の住所、氏名、連絡先を聞き、必ず警察を呼ぶようにしましょう。
レントゲンがとれる医療機関で骨折や緊急なケガがないかを検査してもらい診断書をもらってください。
警察に診断書を提出しましょう。提出しないと、自賠責保険が使えません。

 

 

 

 

交通事故の治療は、自賠責保険が適用となるため、
示談をする前であれば、治療費の自己負担は0円となります。

 

<自賠責保険とは?>
自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)は、すべての自動車やバイクに加入が義務づけられている「強制保険」です。
交通事故の被害者が必ず最低限の補償を受けられることを目的とする、国の保険制度です。
もし、事故を起こした加害者に賠償金を支払う能力がない場合でも、被害者は自賠責保険によって、一定の金額までは賠償金を受け取ることができます。

 

 

 

 

こんな悩みがある場合には、早めに実績と信頼のある整骨院で治療を受けましょう

 

事故後、腰痛や肩こりがひどくなった
頚椎捻挫(むち打ち)の症状がある
数日たって身体が痛みだしてきた
手足の痺れがなかなか改善しない
頭痛・めまい・吐き気があって怖い
倦怠感がひどく寝てばかりいる
事故後、身体の歪みを感じる
体調がなかなか良くならない

 

 

交通事故の場合、病院に通院しながら、整骨院で治療を受けることをオススメします。
整骨院で治療を受け、病院で定期的に診てもらう人も大勢いるようです。
ただし、同じ日に病院と整骨院に通うことはできませんので注意してください。